アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状(小児)

小児の時期は、本当に活動が活発化し、体を動かすことが当たり前の

時期になります。当然、体を動かすことで汗をかきます。

特に夏場は、汗が溜まりやすい場所に湿疹がよくできます。

どういった場所かというと、腋の下、肘の内側、膝の後ろ側、

といった場所です。こういった場所にできる湿疹は痒みを伴い、

直りかけても、また汗をかいてしまい、悪化するという繰り返し現象が起こり、

だんだん皮膚の乾燥肌化を進めてしまいます。

これがアトピー性皮膚炎の発生原因に繋がることが多いようです。

また、スイミングスクールの影響もあります。プールの殺菌に使用される塩素が、

多く含まれているプールは感染症は回避できるものの、乾燥肌を促進してしまいます。

反面、塩素が少ないプールは感染症が多くなる傾向にあります。

この乾燥肌及び感染症がアトピー性皮膚炎の原因になると考えると、

アトピー性皮膚炎にはプールは向いていないのかなと考えてしまった時期がありました。

しかし、体力向上にはとっておきのスポーツであると認識している私は、

いろいろと探して、塩素殺菌ではなく、オゾン殺菌をしているプールを探し、

そこに子供を通わせることにしました。

これにより、適度な運動が体を丈夫にし、乾燥肌も回避でき、

良い選択ができたと自己満足の毎日です。

いずれにせよ、小児期のアトピー性皮膚炎の症状は、

汗・ストレス・環境の変化等からくる症状が目立つようになります。

-アトピー性皮膚炎の症状

© 2022 マイスイートホーム Powered by AFFINGER5