アトピー性皮膚炎の基礎知識

アトピー性皮膚炎になる原因①

アトピー性皮膚炎になる原因は前にもいいましたが、はっきりしません。

しかし、最近になって少しづつ原因らしきものが見えてきました。

アトピー性皮膚炎になる原因の一つは食べ物です。

食べ物の中には人によってアレルギー症状を引き起こす要因になるものがあります。

これをアレルゲンと呼びます。アレルゲンはいろいろで、人それぞれで違います。

特に幼児期は食べ物がアレルゲンになるケースは大変多いのです。

「卵を食べると蕁麻疹ができる」「牛乳を飲むと眼が充血する」などのケースがそれです。

それではどういった食べ物が原因となりやすいのでしょう?

なんといっても卵はナンバーワンです。特に卵の白身は要注意です。

次に、牛乳を筆頭とした乳製品も負けず劣らず要注意食べ物なのです。

その他にも、豆腐や味噌が代表の大豆も残念ながら要注意ですし、

うどんやパンの原料である小麦、えび、かに、そば、挙句のはては米、

それも例外ではないのです。

つまり、アレルゲンがアトピー性皮膚炎を引き起こす原因の一つと考えられます。

逆にいうと、妊娠中のお母さんが、要注意食べ物の筆頭である卵、牛乳を摂取しない。

つまり、アレルゲンになり得る食べ物の摂取を控えることが、

アトピー性皮膚炎の発症を抑制する方法の一つともいえるのです。

-アトピー性皮膚炎の基礎知識

© 2022 マイスイートホーム Powered by AFFINGER5